MENU

アルツハイマー認知症予防サプリの配合成分は?

認知症予防サプリ 画像

アルツハイマー認知症予防サプリは多くの商品が
あり、DHAやEPAを始めとして様々なこだわりの
成分が配合されています。

 

ここでは、それらの成分の中でも特に注目すべき
成分をピックアップしてご紹介します。

 

 

アルツハイマー認知症予防サプリの主な有効成分

 

DHA&EPA

 

青魚に多く含まれているDHAとEPAは不飽和脂肪酸の一種で、
神経細胞や脳の機能を高める働きがあります。

 

また、DHAとEPAを同時に摂取する事で相乗効果も期待出来ます。

 

DHA(ドコサヘキサエン酸)

 

「脳の栄養素」とも呼ばれており、神経細胞を活性化して
学習能力や判断力、記憶力を高めます。
アルツハイマー型認知症への予防効果も確認されています。

 

EPA(エイコサペンタエン酸)

 

血液をサラサラにする働きがあり、脳血管障害や
生活習慣病の予防に効果があります。

 

 

アスタキサンチン

 

そのアンチエイジング効果の高さから、健康だけではなく
美容の分野でも注目されている成分です。

 

脳内の活性酸素を取り除き脳の老化を防ぐ効果があり、
また、本来栄養が届きにくい脳内の細部にも入り込める性質を持つため
効果的に認知症予防をサポートする事が出来ます。

 

更に、その抗酸化力は酸化しやすい性質を持つDHAやEPAが
変質するのを防ぐため、DHAやEPA配合のサプリメントと
合わせて使用されることも多くなっています。

 

 

プラズマローゲン

 

近年の研究で「認知症予防に効果がある」と認められた成分で、
リン脂質の一種です。

 

その働きは、脳の酸化を抑制して老廃物をしっかり排出し、
脳の疲労を抑えて健康で若々しい脳をキープする事。

 

ただしこの成分はストレスや加齢などの要因で
減少してしまうため、サプリ等で補う事が大切です。

 

 

ナットウキナーゼ

 

納豆のネバネバに含まれる酵素で、血栓を溶かして
血液をサラサラにする働きがあります。

 

また、コレステロール値を下げたり高血圧を予防したりする
効果もあるため、生活習慣病の予防にも有効です。

 

更に最近の研究では、アルツハイマー型認知症の原因物質である
アミロイドを分解する働きがある事も分かってきています。

 

 

フェルラ酸

 

アルツハイマー型認知症の症状を緩和したり、脳機能を
改善したりという効果を持つとして注目されている成分で、
抗酸化力の高い植物由来のポリフェノールの一種です。

 

脳神経細胞の修復や保護、学習記憶の向上などに有効です。

 

 

ホスファチジルセリン

 

大豆に多く含まれているリン脂質の一種で、脳細胞を活性化して
思考能力や記憶力の低下を抑制する働きがあると言われています。

 

普段の食事では不足しがちな成分なので、十分な量を
摂取するためにはサプリ等を利用する事がおすすめです。

 

 

イチョウ葉エキス

 

血管の拡張や血流促進に効果があり、脳梗塞や認知症予防に
有効だとされている成分です。

 

アミロイドの蓄積の抑制や、脳内の血管障害を防ぐ働きがあるので
アルツハイマー型や脳血管性の認知症予防に
効果を発揮すると言われています。

 

関連ページ

認知症の種類によって異なる!?その症状や原因とは
ひとえに「認知症」と言っても、様々な症状が確認されています。まずはそれぞれの症状の特徴についてご紹介します。
今日から実践!認知症予防に有効な5つの方法とは
認知症を完治するのは困難と言われているため、普段から気を配るのが重要です。認知症予防のため、すぐに取り組める事をご紹介します。
認知症予防に有効な食べ物は?食べ方のポイントも押さえて効果アップ!
認知症予防に効果のある食材をご紹介します。普段から取り入れてはいかがでしょうか?
アルツハイマー認知症予防サプリの正しい飲み方は?副作用はある?
アルツハイマー認知症予防サプリは多くのメーカーから販売されていますが、効果を十分に得られる飲み方や気になる副作用についてご説明します。