MENU

認知症予防に有効な食べ物は?
食べ方のポイントも押さえて効果アップ!

認知症の予防に効果的な食材

 

青魚

認知症予防サプリ 画像

 

サバやイワシ、アジ、サンマ、カツオなどの青魚は
DHAやEPAが豊富な事がよく知られています。

 

このDHAやEPAは不飽和脂肪酸の一種で、血液をサラサラにする
だけではなく脳の情報伝達を活性化して老化を防ぐという
働きもあります。

 

アルツハイマー型認知症の患者は青魚を食べる習慣が少ないという
研究データもあるほど、青魚は脳の健康維持に
欠かせない食材になっています。

 

普段の食事でも積極的に魚を食事に取り入れる事が望ましいですが、
頻繁に魚の調理をすることが難しい場合やもっと手軽に摂りたい場合は
DHAやEPA配合のサプリを利用することもおすすめです。

 

 

納豆などの大豆製品

認知症予防サプリ 画像

 

大豆には、認知症予防に有効と言われているホスファチジルセリンや、
中性脂肪や血中コレステロールを低下させるレシチンが含まれています。

 

また、納豆に含まれるナットウキナーゼという成分には
血栓を溶かして血液をサラサラにする働きがあるため
脳梗塞や脳血栓の予防にも有効です。

 

 

野菜

認知症予防サプリ 画像

 

野菜に含まれる栄養素には、抗酸化作用で体の老化や
さびつきを防いで若々しい体と脳をキープする効果のあるものもあります。

 

また、ホウレンソウやブロッコリーに含まれる葉酸は
「造血ビタミン」とも呼ばれ、不足すると知能の低下の原因となると
言われているので積極的に摂りたい栄養素になっています。

 

 

果物

認知症予防サプリ 画像

 

新鮮な果物には高い抗酸化作用を持つものが多く、
そのアンチエイジング効果で認知症のリスクを下げると言われています。

 

特に、バナナやりんご、ざくろ、オレンジ、いちごがおすすめです。

 

 

きのこ類

認知症予防サプリ 画像

 

しいたけなどのきのこ類には、血圧やコレステロールを下げる
働きがあるため、生活習慣病から起こる認知症の予防に
有効だと言われています。

 

 

認知症予防のための食べ方のポイント

 

上記で挙げた食材を積極的に摂るようにすることは
もちろん大切ですが、その食べ方にも気を配りたいポイントが
いくつかあります。

 

 

腹8分目までに抑えて食べる

 

「空腹は脳を活性させるが、満腹は脳の働きが低下する」
という事が分かっているため、食事の際には食べ過ぎないよう、
腹6分〜8分目くらいになるように食事量を調節しましょう。

 

 

よく噛んで食べる

 

子供の頃から「よく噛んで食べなさい」と言われて育った人も
多いように、しっかりと噛む事は健康のためには
とても大切になっており、認知症予防にも有効なポイントになっています。

 

よく噛む事で脳の血流が増えて記憶力が高まりますが、
この効果は高齢者ほど高く現れるという研究結果もあります。

 

 

野菜から食べる

 

たんぱく質や炭水化物よりも先に野菜から食べる事で、
血糖値の急激な上昇を防いで肥満や生活習慣病を
予防する効果が期待出来ます。

 

 

バランスの良い食事

 

上記でご紹介した認知症予防に有効な食材を積極的に
取り入れるのは大切な事ですが、そればかりに偏ってしまわないよう
全体バランスの良い食事になるよう心がけましょう。

 

「まごたちは(わ) やさしい」という言葉は
バランスの良い食事を摂る為の指標になっているので
参考にしてみて下さいね。

 

ま:豆類や大豆製品
ご:ごま
た:卵
ち:乳製品
わ:わかめなどの海藻類
や:野菜
さ:魚
し:しいたけなどのキノコ類
い:イモ類

 

関連ページ

認知症の種類によって異なる!?その症状や原因とは
ひとえに「認知症」と言っても、様々な症状が確認されています。まずはそれぞれの症状の特徴についてご紹介します。
今日から実践!認知症予防に有効な5つの方法とは
認知症を完治するのは困難と言われているため、普段から気を配るのが重要です。認知症予防のため、すぐに取り組める事をご紹介します。
アルツハイマー認知症予防サプリの配合成分は?
アルツハイマー認知症予防に有効な成分は、サプリメントで手軽に補うことができます。ここでは、特に代表的な成分をご紹介します。
アルツハイマー認知症予防サプリの正しい飲み方は?副作用はある?
アルツハイマー認知症予防サプリは多くのメーカーから販売されていますが、効果を十分に得られる飲み方や気になる副作用についてご説明します。